モンクレールの高級ダウンはクリーニングしないと洗っちゃダメ!絶対自宅で洗わない方がいい理由とは?

ブランド品の記事 素材に関する記事
モンクレールの高級ダウンはクリーニングしないと洗っちゃダメ!絶対自宅で洗わない方がいい理由とは?

モンクレールの高級ダウンはクリーニングしないと洗っちゃダメ

ここ近年、ダウンがファッションとして大変流行して言います。
20年ぐらい前は、ダウンジャケットはまだ珍しく、シルエットもパンパンに膨らんでいるものが多くてファッション性よりも防寒具としての位置取りだったと思います。

そんな中、近年ヨーロッパブランドの高級なダウンジャケットを街中でも多く見かけるようになりました。
今回の内容は、モンクレールですがカナダグースやタトラス、ヘレノなどなど色んなオシャレなダウンがあります。

そこで一つ問題があります

近年インターネットが発達して、色々な情報を得ることが可能になりました。
モンクレール、高級ダウン、クリーニングなどと検索すると「自宅で洗う方法」なども見受けられます。
高級ダウンを得意とするクリーニング屋としては、自宅で洗う事は絶対にオススメできません。
今回はその内容に関して詳しくご説明できればと思います。

モンクレールのダウンジャケットは、どうやって洗う?

モンクレールをはじめとする、高級ダウンを得意とするクリーニング店は素材に合わせた洗い方をしています。
水洗いに適した生地や汚れの状況であれば水洗い。
ドライクリーニングじゃないと風合いの変化がありそうな生地であればドライでという風です。
ご自宅でドライクリーニングは出来ないですが、水洗いは事実出来ます。
しかし、最大の問題は実は乾燥なのです。

高級ダウンの特徴は1番の特徴は中綿であるダウンフェザーの品質と密度です。
最高品質のダウンフェザーが入っているからこそ、一般的なダウンジャケットよりも温かく風を通さないのです。
そんな高密度のダウンだから、家で出来る水洗いで仮に問題なく洗えた場合でも水を沢山吸ってしまうので一般的な乾燥方法で処理できないのです。

一般家庭の乾燥機は、普通の洗濯物を洗って乾燥するのに2時間以上かかることが多いと思います。
ダウンであれば倍以上かかると思います。
クリーニングの専門の乾燥機は40分程で乾かすことが出来ます。
そんな理由で、クリーニング店に寄せられるダウンを自宅で洗った時のトラブルのご相談は

  • 乾燥に時間がかかってしまった為、生乾き臭が付いてしまった
  • 乾燥に時間がかかってしまって中綿が広がらず、ダウンのボリュームが無くなった

などが非常に多いです。

高級ダウンのクリーニングは専門の取り扱い店に!

先程説明しました乾燥の理由に加えて、ダウンジャケットは冬のシーズンにヘビーローテーションで着まわす事も多いと思います。
なので、あちこち気になる汚れがついていることもありますので、汚れの処理はモンクレールなどの高級ダウンの取り扱いに慣れたクリーニング店が、やはりオススメです。

私たち中根クリーニングラボは1日の取り扱い点数を50点までと定めております。
(一般的なクリーニング工場はどんなに小規模でも500着以上を1日に処理しています)
これは、1着1着にしっかり時間をかけ、お客さまの大切なお洋服を本当にキレイにするための私たちの姿勢です。

モンクレールの高級ダウンも素材やデザインに合わせて最適な洗い方を行い、すっきりキレイに汚れを落とし中綿をふっくらさせるため、専用の乾燥機で乾燥をしています。
そんな丁寧でこだわりのある方法でご自身の大切なお洋服をクリーニングしたい方のために、私たちはインターネットでお洋服を全国どこからでもご依頼いただく事が出来るようにしております。
是非、私どものこだわりの詰まったホームページをご覧頂き、ご利用をご検討頂ければと考えております。

この記事が参考になったらSNSでシェアくださいませ

関連記事

何も言わなくても『あ、うん。』全てお任せ中根クリーニングLabo

お品物毎に最適な高品質クリーニング。面倒なオプション加工やメンテナンスの選択も全て全てお任せ。全て無料。

中根クリーニングLabo

©2020 中根クリーニングLabo BLOG